banner

知って得するクレジットカードのキャッシング枠とは何で決まる?

クレジットカードを作成する場合、基本的な目的としては買い物やサービス利用の決済機能を期待されることでしょう。
多額の現金を持たずにスマートに買い物ができる、お金がないときでも後払いで買い物ができる、分割払いやリボ払いで気軽に買い物ができるといった機能が魅力です。
もっとも、クレジットカードのキャッシングは見逃せない機能です。
キャッシングとはお金を借りられる機能のことをいいます。
決済がモノやサービスの購入の決済資金を建て替えする機能であるのに対し、キャッシング機能は現金を借りることができるサービスで、借りたお金を自由に使うことができるのです。
もちろん、利息はつきますが、自由度が高い分、役立つ時があるのではないでしょうか。
申込時に希望しない設定をしない限り、キャッシング枠というのが付いてきます。
利用限度額40万円、うちキャッシング枠20万円といった形です。
これは買い物等の決済に20万円、お金を借りるのに20万円、合計で40万円まで使えることを意味します。
一気に20万円を借りる必要はなく、たいていの場合、1万円単位で20万円に達するまで何度でも借りることができます。
返済はカード代金の引き落とし日に返済するほか、随時返済することが可能です。
クレジットカードのキャッシング機能が便利なのは、海外のATMでも利用できることです。
お金を借りるのを良しとしない方でも、海外旅行の際にお金が足りなくなった場合、両替手数料を払うより得な場合があります。
そのためにも、キャッシング枠は確保しておいたほうが便利かもしれません。

Copyright(c) 2015 ceroi.net Inc. All Rights Reserved.