banner

50万円までなら免許証だけでお金を借りることができるカードローン

銀行のローンと比べて、消費者金融のカードローンが優れている点は何より手軽さが挙げられます。
たとえば、銀行の住宅ローンの場合にはお金を借りるために、本人確認書類や所得証明書類、物件関係書類(売買契約書や重要事項説明書など)、そして担保や保証人を用意する必要もあります。
しかし、消費者金融の利用にあたっては、収入証明不要で免許証などの本人確認書類さえあれば簡単に申し込むことが可能です。
キャッシングをするのに担保や保証人はもちろん必要ありません。
本人確認書類は運転免許証の他に、パスポートや健康保険でも問題ありません。
こういった書類は特に準備しなくても、誰でもいつでも携帯しているものなので、お金が必要になったらすぐに申し込みができるということになります。
審査が非常に簡略化されていてスピーディーなのもカードローンの良い点です。
店頭はもちろん、無人契約機やパソコン・スマートフォンを使っていくつかの項目を入力するだけで、ほんの数分で審査結果が出てきます。
審査に通過すれば数時間後には指定した銀行口座に現金が振り込まれるので、これで手続きは終了となります。
このように運転免許証だけでお金を借りられる非常に便利なカードローンですが、1つだけ例外があります。
それは50万円を超えるような大きな金額でお金借りる場合です。
この場合、ほとんどの消費者金融では本人確認書類の他に給与明細書など収入を証明する書類を提出することが必要になります。
これは個人の借入額を年収の3分の1までに制限するという総量規制に引っかからないかを確認するためです。この点だけは注意しておきましょう。

Copyright(c) 2015 ceroi.net Inc. All Rights Reserved.