banner

様々な試練を乗り越えたアコムの歴史

賃金業法における総量規制の施行は、金融業界に大きな衝撃を与え、消費者金融には大打撃を与えました。 中小規模の金融業者は撤退をするか、倒産するかという選択肢を迫られていました。 また大手の業者も苦しいことには変わりがなく、大手シティバンクとのタイアップで生き残りの道を選ぶ業者もありました。 元々銀行にはなかった個人顧客への貸し出しノウハウを、タイアップ成立のツールとして使うことで苦境を脱することが出来たのです。 そのような様々な試練を乗り越えて、今も営業を継続できているのがアコムです。 アコムは、一般的には現金自動貸付機や24時間営業のATM、自動契約システム、クレジットカード事業への参入などの目新しいところだけが注目されてしまうことが多いです。 コマーシャルでも、お金を借りるというイメージが前面に出されているため仕方がありません。 ところが実際は、昭和11年(1936年)に創業した「丸糸呉服店」がルーツとなっています。 昨日今日出来た会社ではありません。 「丸糸呉服店」は戦争で閉店となり、その後、戦争を挟んで1948年から質屋業を開始しました。 実質的にはこの質屋業が今の金貸し業の原点に当たります。 そして1960年には勤人信用貸というサラ金の最初の形が始まります。 そして今のアコムが作られたのは、1978年の事でした。 その後、金融業界を「総量規制の嵐」が襲った時も大手メガバンクグループとの提携強化を進めピンチをしのぎ、それ以前よりも社会的信用を高めることに成功しています。

アコムでお金を借りたいときに便利!むじんくん 検索

Copyright(c) 2015 ceroi.net Inc. All Rights Reserved.