banner

銀行で20万円を低利に借りる方法

お金が必要な時、もしも金融機関からお金を借りるなら、できれば銀行から借りたいという方も多いのではないでしょうか。
メガバンクや地銀、信用金庫では無担保で保証人不要の個人向けの小口の貸付であるカードローンを取り扱っています。
最低貸付額は少ないものでは1円から、多いところでも10万円からです。
また借入限度額や借入年利は各行で多少異なりますが、その多くが消費者金融や信販会社よりも低利に貸付しています。
また銀行の場合、総量規制の対象外として、年収の三分の一以上の借入でも審査が通りさえすればお金を借りられるのです。
また金融機関により多少異なりますが、大抵の場合100万円以下の借入限度額であれば所得証明の必要もなく、正規雇用者でなくとも、ある程度の安定収入さえあれば借りられます。
なので、例えば20万円キャッシングする方法であれば、アルバイトやパートでもキャッシングできるのです。
借りる方法は、各行のWEBサイトより申込みできます。
電話や窓口でも受け付けている銀行が多いですが、WEBサイト経由であればスピード審査が可能な場合もあり、申し込む時間帯によっては即日その結果を知れるのです。
ただ、自行のATMコーナーに自動貸付機を備えていれば即日融資も可能ですが、大抵の場合カードローン用カードを作成し郵送する時間を要するため、審査から融資までに数日の時間を要していました。
それを短縮すべく、審査を通過すると、お手持ちの預金口座用のキャッシュカードがカードローン用カード兼用となるものもあります。
その意味では、預金口座のあるところから借りられるか審査を申し込んでみるのが良いでしょう。
特にその口座が給与振り込みや公共料金支払いにも使われている場合、審査時に設定される利用限度額が少しでも高く設定される場合もあります。
借入年利はこの限度額に応じて決められますから、結果的に低利に借りられるかもしれません。

Copyright(c) 2015 ceroi.net Inc. All Rights Reserved.