banner

利用方法を問われない使い道自由の銀行カードローンでお金を借りる方法

ほとんどの銀行では、無担保で保証人不要の個人向け小口貸付のカードローンを実施しています。 住宅ローンやオートローン、医療ローンなどの目的ローンと違い、使い道自由ですのでその利用方法は問われません。 その申し込み方法や利用方法は消費者金融や信販会社が取り扱うものとほぼ変わりませんが、審査や融資までの時間がかかるというイメージをお持ちの方も多いのではないでしょうか。 ただ、絶対的にいえることは借入金利が低利であるということです。 また銀行のカードローンにも大きく分けて4通りの他にないサービスがあります。 ひとつはメガバンクが実施している自動貸付機やテレビ窓口による申込み受付で、スピード審査、即日融資も可能な消費者金融並みの迅速なサービスを実施しているものです。 2つ目は、あらかじめ預金口座のある方対象ですが、お手持ちのキャッシュカードがローン用カード兼用になるというもので、カードの作成や送付の手間がないだけに、即日融資も不可能ではありません。 3つ目は自動貸付というもので、クレジットカードや公共料金の支払いなどで、預金残高不足が生じた場合に自動的にその不足分をカードローンで補うというものです。 これも預金口座がある方が対象なことは言うまでもありません。 そして4つ目が、既に住宅ローン返済中だったり、公共料金の支払、給与振替などに利用している方向けの金利優遇制度です。 元々が低利な上にさらに優遇されます。 これら4つの内、3つは預金口座を開設した人で、実際にその口座を使っている人が対象です。 つまりはメインバンクまたはそのサブとして使っている方だけが受けられるサービスとなります。 その意味では、普段から自分のメインバンクを作っておくことが肝要です。

Copyright(c) 2015 ceroi.net Inc. All Rights Reserved.